都留市社会福祉協議会
トップページへ メールを送る サイトマップ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ介護保険サービスを受けたい訪問入浴介護事業
 
2016年9月9日 更新
印刷用ページを開く
訪問入浴介護事業
■ 訪問入浴介護とは
介護保険制度の要介護認定を受け、病気やケガなどにより、寝たきり状態や、体を動かすことが困難な方に対して、訪問入浴車でご自宅に伺い、お部屋に専用の浴槽を運び入れて入浴を提供するサービスです。
■ 入浴の効果
お風呂に入ることで、体を清潔に保つことができます。また、お湯に浸かることで心身ともにリラックス効果が得られます。
  1. 温熱効果
    お湯に浸かり温まることを温熱効果と言います。これは、身体の血管が広がる事で血行が良く なり、老廃物や疲労物質が除去され、体がほぐれることで疲れがとれます。また、副交感神経が活発になり、内臓の働きを助ける事で、食欲の増進に繋がったり、利尿作用にも効果があります。
  2. 水圧による効果
    足にたまった血液が水圧により、押し戻されることで血液の循環が良くなり、むくみが軽減されます。
  3. 浮力による効果
    浮力の作用が働き、体重は10分の1から9分の1程になります。いつも体を支えている筋肉や関節への負担がなくなることで、脳への刺激も減少し心身ともリラックスすることができます。
■ サービスの流れ
入浴サービスの所要時間は、到着から退室まではおよそ約50分〜60分程度となります。
■ サービス利用にあたって 
  • 入浴サービスの際には、ご家族の付添いをお願いします。
  • バケツ、洗髪用シャンプー、洗身用シャンプー(ご自宅にあるものでも構いません。)と、必要であれば着替え一式のご用意をお願いします。
  • 団地等の方もご利用できます。ご自宅のお風呂に貯めていただいたお湯をポンプで訪問入浴の浴槽へ送湯をします。また、ご自宅の水道設備からホースを接続し、直接、訪問入浴の浴槽へお湯を貯めることも可能です。
  • サービス予定日に、体調が悪い場合(熱がある、怪我をした、普段と様子が違うなど)は、事業所へご連絡下さい。
  • 当日は訪問して体調を確認し、入浴できるか判断します。体調により入浴できない場合もございます。入浴ができない場合でも、清拭や部分浴(足浴・手浴)へサービスの変更も可能でございます。また、入浴ができなかった場合に、振替えでの入浴サービスの利用希望があれば、ご相  談下さい。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

都留市社会福祉協議会 訪問入浴介護事業所
〒402-0051  山梨県都留市下谷2516-1 いきいきプラザ都留 (1階)
Tel: 0554-45-2221  Fax: 0554-46-5103